オプションビット検証レビュー.com

オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)

オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)

 

【2018年4月5日 経済指標情報】

 

経済指標で重要度の高い指標だけお伝えしていきます。
重要度の高い指標は為替の影響が大きくあるので
トレードを行う際の判断材料にしてください。

 

よくわからない場合には、重要な経済発表があるなら
相場が落ち着くまでトレードを行わないのも得策と言えます。

 

わからなくても、この経済指標を見ていくことで
相場への理解も深まりますので是非、参考にしてくださいね。
それでは本日の重要経済発表はこちらです。

 

●15:00発表予定 製造業新規受注 [前月比]
ユーロ/円変動幅0.006円 予想:1.5% 前回:-3.9%

 

製造業新規受注とは?
ドイツ連邦銀行が発表する製造業新規受注とは、
2005年を100として製造業部門の受注を指数化したものです。
数値が上がると、企業側から見た景気が向上とみなされ、
対象国の通貨は買われやすくなります。

 

●16:15発表予定 消費者物価指数(CPI) [前月比]
スイスフラン/円変動幅-0.022円 予想:0.3% 前回:0.4%

 

消費者物価指数(CPI)とは?
スイス連邦統計局(Swiss Federal Statistical Office)より発表される
消費者物価指数(CPI)は、代表的な商品とサービスの価格動向の調査結果を
指数化したものです。

 

発表対象国の物価動向が分かることにより、
景況感やインフレ率、消費動向を予測する材料となります。
消費者物価指数が上がるということは、景気が上向きと判断され、
対象国の通貨は買われやすくなります。

 

●16:50発表予定 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
ユーロ/円変動幅-0.061円 予想:56.8 前回:56.8

 

●16:55発表予定 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
ユーロ/円変動幅-0.107円 予想:54.2 前回:54.2

 

●17:00発表予定 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
ユーロ/円変動幅-0.06円 予想:55 前回:55

 

●17:30発表予定 サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
ポンド/円変動幅0.394円 予想:54 前回:54.5

 

サービス部門購買担当者景気指数(PMI)とは?
民間調査会社・マークイット社が集計する景気指数で、
「PMI」とも呼ばれています。

 

製造業やサービス業の購買担当者を対象に
アンケート調査や聞き取りなどを行い、
新規受注・生産高・受注残・価格・雇用・購買数量などの
指数に一定のウエイトを掛けて算出するものです。

 

景況感の改善と悪化の分岐点は50とされ、
重要な指標と言えます。数値が上がることで、
景気向上と判断され、対象国の通貨は買われやすくなります。

 

●18:00発表予定 卸売物価指数(PPI) [前月比]
ユーロ/円変動幅0.02円 予想:0% 前回:0.4%

 

●18:00発表予定 卸売物価指数(PPI) [前年同月比]
ユーロ/円変動幅0.02円 予想:1.5% 前回:1.5%

 

卸売物価指数(PPI)とは?
欧州連合(EU)統計局が発表する卸売物価指数(PPI)は、
企業間で取引される商品の価格変動を卸売段階で測定する指数です。
企業間の商品取引における通貨購買力測定の尺度といわれています。

 

発表対象国の物価動向が分かることにより、
景況感やインフレ率、消費動向を予測する材料となります。

 

一般的に、消費者物価指数よりも卸売物価指数の方が
景気を反映させることが早いと言われています。

 

数値が上がることで、対象国の通貨は買われやすくなります。

 

●18:00発表予定 小売売上高 [前年同月比]
ユーロ/円変動幅0.097円 予想:2.3% 前回:2.3%

 

小売売上高とは?
欧州連合(EU)統計局が発表するユーロ圏小売売上高は、
百貨店やスーパー等の小売・サービス業の月間売上高について、
サンプル調査をベースにした景気関連の経済指標です。

 

小売売上高が上がることは、国内消費が上向きであり、
経済の状態がよいことを意味しますので、
対象国の通貨は買われやすくなります。

 

●21:30発表予定 貿易収支
米ドル/円変動幅-0.075円 予想:-565億ドル 前回:-566億ドル

 

●21:30発表予定 貿易収支
カナダドル/円変動幅-0.076円 予想:-21億カナダドル 前回:-19.1億カナダドル

 

貿易収支とは?
カナダ統計局(Statistics Canada)が発表する、
貿易収支(輸入と輸出の差額)です。

 

貿易収支がよくなると、対象国の経済状況が良いという事から、
対象国の通貨が買われやすくなります。

 

※引用元 :YAHOOファイナンス経済指標ページ

 

またオプションビットには経済指標に関する
便利なサービスもあるので、こちらも参考にするとよいでしょう。

 

オプションビット経済指標予想
オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)
オプションビット公式サイトへログインして頂き
一番下に表示されている各項目の中の「経済カレンダー」をクリックします。
  ↓ ↓
オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)
すると、経済カレンダーページが表示されます。

 

こちらのページでは、各項目により
重要度から前回の結果や予想などが表示されております。

 

この経済指標によって市場も動き出しますので、
重要な情報として参考としていき、更に、左側パネルを御覧ください。

 

オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)
ご覧いただくと、マーケット概要パネルが表示されておりますので
その中にある「マーケット概要」をクリックします。
 ↓ ↓
オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)
すると、マーケット概要専用ページが表示されます。

 

オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)
マーケット概要ページをご覧いただくと経済指標の予定に合わせて
日付と時間帯、取引銘柄、レート、サマリー(ハイまたはロー予想)と
具体的に判り易く表示されております。

 

これに合わせて取引(トレード)を行ってみるのも一つの手です。
是非、オプションビット経済指標トレード予想として参考にしてください。

 

只今、オプションビット専用マニュアルを無料プレゼント中!!
更に、デモ口座取引&タイアップボーナスキャンペーン実施中!

 

オプションビットの公式サイトはコチラ▼

 

オプションビットのスペシャル特典の詳しい案内はコチラ▼
オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/5)

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ