オプションビット検証レビュー.com

オプションビット 2018年重要経済指標情報(4月2日)

オプションビット 2018年重要経済指標情報(4/2)

 

【2018年4月2日 経済指標情報】

 

経済指標で重要度の高い指標だけお伝えしていきます。
重要度の高い指標は為替の影響が大きくあるので
トレードを行う際の判断材料にしてください。

 

よくわからない場合には、重要な経済発表があるなら
相場が落ち着くまでトレードを行わないのも得策と言えます。

 

わからなくても、この経済指標を見ていくことで
相場への理解も深まりますので是非、参考にしてくださいね。
それでは本日の重要経済発表はこちらです。

 

●08:50発表予定 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
米ドル/円変動幅-0.078 円予想:25 前回:25

 

●08:50発表予定 日銀短観・四半期大企業製造業先行き
米ドル/円変動幅-0.078円 予想:22 前回:19

 

●08:50発表予定 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資 [前年度比]
米ドル/円変動幅-0.078円 予想:1% 前回:7.4%

 

※日銀短観・四半期大企業製造業業況判断とは?
日銀が発表する指標で、資本金10億円以上の企業、
約1万社の企業に対して調査したものです。

 

3か月に1度の調査で、企業が自社の業況や
経済環境の現状・先行きについて、どうみているかといった項目や、
売上高・収益・設備投資等の実績予測値などについて調査をします。
日銀の行う金融政策に対して、重要な判断材料となっています。

 

●23:00発表予定 ISM製造業景況指数
米ドル/円変動幅0.172円 予想:60 前回:60.8

 

※ISM製造業景況指数とは?
「米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が
製造業約350社の仕入れ担当役員にアンケート調査を実施して
発表される、景気転換の先行指標と言われています。

 

非常に早い段階で発表される事から(翌月第1営業日)、
注目度が非常に高い指標です。この指数が50%を超えれば景気拡大、
下回ると景気後退を示しています。
引用元 :YAHOOファイナンス経済指標ページ

 

またオプションビットには経済指標に関する
便利なサービスもあるので、こちらも参考にするとよいでしょう。

 

オプションビット経済指標予想
2018年重要経済指標情報(4/2)
オプションビット公式サイトへログインして頂き
一番下に表示されている各項目の中の「経済カレンダー」をクリックします。
  ↓ ↓
2018年重要経済指標情報(4/2)
すると、経済カレンダーページが表示されます。

 

こちらのページでは、各項目により
重要度から前回の結果や予想などが表示されております。

 

この経済指標によって市場も動き出しますので、
重要な情報として参考としていき、更に、左側パネルを御覧ください。

 

2018年重要経済指標情報(4/2)
ご覧いただくと、マーケット概要パネルが表示されておりますので
その中にある「マーケット概要」をクリックします。
 ↓ ↓
2018年重要経済指標情報(4/2)
すると、マーケット概要専用ページが表示されます。

 

2018年重要経済指標情報(4/2)
マーケット概要ページをご覧いただくと経済指標の予定に合わせて
日付と時間帯、取引銘柄、レート、サマリー(ハイまたはロー予想)と
具体的に判り易く表示されております。

 

これに合わせて取引(トレード)を行ってみるのも一つの手です。
是非、オプションビット経済指標トレード予想として参考にしてください。

 

只今、オプションビット専用マニュアルを無料プレゼント中!!
更に、デモ口座取引&タイアップボーナスキャンペーン実施中!

 

オプションビットの公式サイトはコチラ▼

 

オプションビットのスペシャル特典の詳しい案内はコチラ▼
2018年重要経済指標情報(4/2)

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ