オプションビット検証レビュー.com

オプションビット2018年の動向について(2)

オプションビット2018年の動向について(2)

 

オプションビット(OptionBit)2018年度の動向について(2)ご案内していきます。

 

前回の記事では、歴代の海外のバイナリーオプション業者の
24オプション、トレードラッシュ、スマートオプションの話で、
終わってしまいましたが・・。

 

今回が本格的にオプションビットサイトについて説明していきます。

 

前回紹介した24オプション、トレードラッシュ、スマートオプションが
日本国内でいち早く活躍していく中で、オプションビット(OptionBit)は
最初に日本以外のアジア地区を中心に進出していました。

 

オプションビット(OptionBit)は、2010年に設立されていました。
これは24オプションと同じ設立年ですがイギリス、スペイン、
イタリア、フランスとヨーロッパを中心に活躍していましたので、
日本へ進出する状況ではなかったのです。

 

ヨーロッパ地区では、このような状態だったこともあり、
活動をロシア、更にアジア地区の香港、シンガポールでの
活動を余儀なくされたのでした。

 

その流れの中でオプションビット(OptionBit)は
各システム会社が、新たなオプション取引を開発していく中で
独自路線としてオリジナルブランドのシグナルツールの開発を
創りました。

 

それがアルゴビットの誕生なのです。

 

このアルゴビットツールの登場で流れが変わりました。
このツールを携え2014年日本語サイトをオープンしたわけです。

 

日本国内ではシグナルツールと言えば、
BO業者では高額入金者のみ特別に配布されたり条件があるのが一般的でした。
ましてや無償で提供する業者など一切存在していなかったのですが
オプションビット(OptionBit)では、このアルゴビットツールを
登録者全員に無料公開したのでした。

 

これが好評で瞬く間に登録者が増えたという訳です。

 

更に芸人の武井壮さんが、オプションビットサイトにて
バイナリーオプション取引をチャレンジした事で
オプションビットが人気サイトとなったのでした。

 

この流れもあり他のBO業者も徐々にシグナルツールを
無料開放し始めたのですが日本で最初に行っている信頼は崩せません。

 

そして、時が流れて、
24オプション、トレードラッシュ、スマートオプションは
海外の規制の関係で撤退を余儀なくされました。

 

ですが常にお客様目線の信頼ある活動で現在も健在です。

 

アルゴビットツールは現在も無料で利用できるのは勿論のこと、
新たなフォロートレードも加わり常に進化を続けています。

 

そして、2018年の更なるリニューアルで
オプションビットの顧客満足の追及は変わりません。
是非、このリニューアルされた使い心地を感じてください。

 

次回は、オプションビットサイトでリニューアルされた
新たなプラットフォームの数々について
御案内していきたいと思います。

 


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ