オプションビット検証レビュー

【当サイト限定】新規口座開設でAmazonギフト券プレゼント!

 

バイナリーオプションは金融庁に目をつけられている?

 

 

金融庁というのは、バイナリーオプションを
やっている人であれば、何かと気になる存在だと思います。

 

バイナリーオプションが金融庁に目を付けられているという話も出ていますが、
実際のところ金融庁というのは、どのような影響を与えているのか分かりますか?

 

やはり自主規制に関する事で、金融庁の事を調べる人もいるようですが、
バイナリーオプションが目を付けられるという言い方は、少々違うと思いませんか?

 

金融庁とバイナリーオプションの
関係性を、これからご紹介していきますので、
どういった関係性が見えてくるのか参考にしてみてください。

 

 

【金融庁の考えと行動】

 

バイナリーオプションに対して、金融庁は市場の見直しを下しました。
急成長して、加熱しているバイナリーオプションの問題点を見つけたからです。

 

バイナリーオプションが世の中に出てきた頃というのは、
今のような取引スタイルではなかったのです。

 

しかしどんどん後発会社がバイナリーオプションを導入していったことで、
現在のようなスタイルのバイナリーオプションになっていきました。

 

この事によって、2択型で短時間で利益・損失が
決まってしまう事に対して、金融庁が賭博性を感じると危惧し始めたのです。

 

また、様々なネット上でのバイナリーオプションに関する書き込みなどで、
損失を出したのは金融庁のせいだと言っている人がいたりします。

 

さらに金融庁がいかさましていると言っている人たちもたくさんいるのです。
この事によって、金融庁も黙っているわけにはいかないという事が、
あったのかなと思います。

 

なんにせよ、賭博性があると言い出して自主規制に
持っていくという流れを作り出すことになったのです。

 

実際に自主規制のとりまとめというのは、
金融先物取引業協会が行っています。

 

バイナリーオプション業界でも自主規制の
動きが出てきていたところに、金融庁が動き出してきています。。

 

なんにせよ、目を付けられたというわけではなく
何かの思惑があったのかな?と思います。

 

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ