オプションビット検証レビュー

【当サイト限定】新規口座開設でAmazonギフト券プレゼント!

 

バイナリーオプションが丁半博打と言われる理由とは?

 

 

近々バイナリーオプションは自主規制が入り、ルールが改定されると言われています。
そのキッカケにもなったのは、バイナリーオプションが丁半賭博だと言われたことです。
そもそも、なぜバイナリーオプションは丁半賭博と言われているのか、理由は分かりますか?
さらに丁半賭博に関しても、よくわからないと言う若い人は多いです。
そこで、なぜバイナリーオプションが丁半賭博と言われるのか考えていきましょう。

 

 

【丁半賭博とはいったい?】

 

丁半賭博というのは、サイコロを使用したギャンブルになります。
よく任侠映画などで「丁半」というゲームをしている場面が出てくるのは分かりますか?
サイコロを2つ用意して、茶碗のようなツボというものに入れます。

 

そしてツボを振りながら床に逆さまにして置き、
サイコロは中でどうなっているか予想するのです。

 

サイコロが2つ入っていますので、サイコロの目の合計は最低でも2、
最高では12になります。

 

サイコロの目の合計が偶数の場合には丁となり、奇数の場合には半になります。
このような丁半という2択の予想をするギャンブルが、丁半賭博というものになります。

 

 

【丁半賭博との類似性】

 

丁半賭博について理解はできましたか?
ここでバイナリーオプションの取引を思い出してみましょう。
例えばハイ&ローの取引を考えてみて下さい。ハイ&ローは、
決められた一定のラインよりも上か下かという予想をするものですよね?

 

決められた時刻の決められたラインの予想を2択で決めると言う取引です。
この取引は判定時間までが、かなり短いものが多いので、短期で結果がでます。
ですから、たとえ予想を外しても、またすぐに次の取引ができるのです。

 

この事を踏まえて、丁半賭博と比較してみると、
どちらも2択の予想をしてお金をかけていると言う事。
どちらも短時間で結果が出てくるので、すぐに次の取引が出来る事。

 

既にこれだけでも丁半賭博と言われる
要素がふんだんに含まれているのです。

 

しかし賭博ではなく、あくまで投資のルールに
則っていますので、バイナリーオプションは投資なのです。

 

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ